スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

”ふるさと祭り東京”レポートvol.6

ふるさと祭り東京”、最後のレポートは盛りだくさんに
写真を掲載します!

【伝統工芸:将棋盤】

お値段にビックリ!
こんな将棋盤で打ってみたいなぁ~

将棋盤①    将棋盤②


【どんぶり選手権優勝のうにめし丼とうにめし】

うにめし丼  うにめし②




【グルメコーナーにはこんな美味も!】

豚って美肌効果があるの!?
『はも』のクリームコロッケと宇都宮餃子のどちらにしようか迷ったなぁ~

豚美めし  鱧コロッケ


【うにの貝焼き】

多くの人が買い求めていました。
どんぶり選手権を制した”うにめし丼”もそうだけど、’うに’って
ホント人気がありますね。

うに貝焼き


【さつま揚げ】

揚げたては本当に美味しいんですよね!
でも、これを買ってしまうと間違いなく飲みたくなる(苦笑)

さつま揚げ① さつま揚げ②


【天むすと・・・】

天むすと・・・何だったけかな?

名古屋名物 天むす

 
【栗尽くし】

栗の木ロールと栗粉餅

栗の木ロール  栗粉餅


【スタンドから見た会場の様子】

午後はさらに混雑したんだろうなぁ・・・

スタンドから見た会場① スタンドから見た会場②


来年も”ふるさと祭り東京”のレポートをしたいと思います!
スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

”ふるさと祭り東京”レポートvol.5

第2回ご当地「第2回全国ご当地どんぶり選手権」の王者が決まりましたね!
前回覇者の富山の「白エビかき揚丼」は2位でした。
その「白エビかき揚丼」を抑えてチャンピオンに輝いたのが

北海道の「うにめし丼」

です。
お友達の予想が的中しました。

私が応援していた新潟の”鯛茶漬け”は3位という結果に。
来年はチャンピオンになるといいなぁ。



豚丼・鯛茶漬けを食べたけれどもう少し小腹に入れたい、会場内をクルクル回りながら
獲物を物色していました。

そうして見つけたのが”宇都宮餃子”です。

宇都宮餃子①   宇都宮餃子②

確か5個入りで250円だったかな?
宇都宮と言えば『餃子の街』そして私は宇都宮餃子を食べた事がない!
即決で購入し味わいました。

感想は・・・美味しい餃子だったなぁ。

ふるさと祭り東京のレポートもvol.5となり
そろそろ飽きてきたかな?

ここからはダイジェストで写真と共にお届けします。

【小田原どん】

小田原どん
  
どんぶり選手権に出場していた”小田原どん”、魚介をタップリ使ったご当地丼だったけど、
イマイチ小田原と結び付かず食べようとは思いませんでした。

【能都町あばれ祭り】

能登街あばれ祭り

ふるさと祭り東京を訪れて、残念だったのは時間の都合で”祭り”を
見れなかった事。
会場にはVTRで祭りの様子が流されていたけど、やっぱり祭りはリアルで観ないと!

写真は石川県能都町の”あばれ祭り”のVTR
勇敢なオトコ達の姿!


有田焼カレー

有田焼カレー

ご当地丼とは関係ないけれど、目を引いたのが有田焼カレーです。
”激うま駅弁ランキン”で堂々の1位に輝いたんですね。
カレーが駅弁になっている事に驚いてしまいました。

ウニめし

ウニめし

ご当地どんぶり選手権1位に輝いた「うにめし丼」は別に、”ウニめし”が
販売されていました。

隣には”かにみそ”とやはり北海道はグルメ大国ですね!

北海道を3日以上旅行すると’日数と同じくらい体重が増加する’と
言われる所以が納得できます。


次回、vol.6で『ふるさと祭り東京』のレポートを終えたいと思います。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

”ふるさと祭り東京”レポートvol.4

やっと”全国ご当地どんぶり選手権”について書けます。
ふるさと祭り東京に来たのはこれが目的でしたからね。

でも、どんぶりへの道のりは遠かったぁ・・・

全国ご当地どんぶり選手権① 全国ご当地どんぶり選手権②

会場に着いてから『何だ?あの行列は??』と思っていたんだけど、
この外野フェンス添いに出来ている長蛇の列は”どんぶり選手権”の
どんぶりと引き換える為のチケットを求める列なんです。

待ち時間はざっと1時間!


どんぶり選手権は全国各地のご当地丼20種類の中からチャンピオンを決めるイベント。
全てのどんぶりはハーフサイズで一律400円で味わう事ができます。

ちなみに、昨年のチャンピオンは
富山県の”白エビかき揚丼”です。今年も大人気でした。

白エビかき揚げ丼

ちょうど私の前後は老夫婦で長時間の待ち時間にブツブツ文句を
言っていたなぁ(苦笑)
来場者の割合は圧倒的に高齢者だから主催者はもう少し工夫が必要かも
しれませんね。

ようやくチケットカウンターに辿りつき、チケットとコインをゲットしました!
このチケットでお目当てのどんぶりと交換ができ、投票箱にコインを投票する
という仕組みです。

全国ご当地どんぶり選手権④ 全国ご当地どんぶり選手権⑤


2枚のチケットを手に入れ、20種類のどんぶりから私がチョイスしたのは
帯広名物 豚丼”と”鯛茶漬け(新潟)”です。
中にはどんぶりを手に入れるまでに更なる行列ができているブースもあったけど、
豚丼と鯛茶漬けはすんなり交換する事が出来ました。
(中間発表で鯛茶漬けは3位)


帯広豚丼 鯛茶漬け③


この2つの丼の軍配は『鯛茶漬け』でした!
ほぐした鯛の身に’鯛のおさけ揚げ’、さらには’とびっこ’と完全に利益度外視の
一品だったと思います。
ご飯は新潟県産のコシヒカリ、わさびがピリッと効いて本当に美味しかった!


鯛茶漬け① 鯛茶漬け②


本日、最終日を迎え『第ニ回全国ご当地どんぶり選手権』のチャンピオンの栄冠は
どの’どんぶり’に輝くのかなぁ?


RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

”ふるさと祭り東京”レポートvol.3

これぞ匠の逸品!

ブースで商品を見た時、『これは飾り(置き物)かな?』と思ったんだけど、
実用品でした(驚)

下の写真は竹(虎斑竹)で出来たバッグやブックカバーなんです!

竹工芸①  竹工芸②

作成したのは竹工芸士の宮川弘尚さん(HP:大和美術工芸)、竹の器(食器)は見た事
あるけどブックカバーとはねぇ。

見事な工芸品に声も出ません、ただただ見惚れるだけ。
このブックカバーが似合う人は・・・菅原文太かなぁ(笑)、作務衣姿でね。

竹工芸③


お隣にも竹細工がありました。
こちらは”竹箸”です。


竹箸②    竹箸①

このブースは伝統的工芸品の産地プロデュースする株式会社月安企画さんが、名古屋の
職人が手作りで仕上げた竹箸を紹介しています。
と同時に”マイ箸”ではなく『もちはし推進プロジェクト』の紹介も。


手にとって竹箸を見ていると、人当たりの良いおっちゃんが近づいてきて
商品トークが始まりました(笑)

漆を何度も塗った箸なんて5000円以上もするんですよ!
さすがにそれは手に届かないけど、兎年の2011年、飛躍の年に縁起がいいと
一番のオススメの竹箸を購入してしまいました。
(普通に買えば倍はする、というセールストークも決め手かな)

竹箸月うさぎ① 竹箸月うさぎ②


この箸の持ち手部分の絵柄がいいんですよ!
使えば使うほど運気が上がりそうな気がします。

竹箸月うさぎ③

日本人と竹って長い歴史がありますよね。童話にもありますし。
素晴らしい伝統工芸が失われない為に、少しでもこういう記事が
役立つといいなぁ。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

”ふるさと祭り東京”レポートvol.2

昨年のヒット商品番付で”西の大関”に選ばれた『食べるラー油』
ふるさと祭り東京にもしっかりありました。
しかも”自家製面銀蔵”さんは同じ食べるラー油でも、

元祖辛口食べるラー油

のようです。

ふるさと祭り東京~食べるラー油①~ ふるさと祭り東京~食べるラー油②~

ブースの中で威勢のいい兄ちゃんが具材を炒めていました。
この調理作業が大変なようで、具材を焦がさないように常に混ぜていないと
いけないようです。

辛いモノ好きな上にこうまで言われちゃ・・・買っちゃいました(笑)



実は私、食べるラー油って初体験でした。
家に帰って早速ご飯にかけて食べてみました。

冬にはちょうどいいですね!ピリ辛でこれと味噌汁だけで
ご飯が進みました。


お次に見物したのが刃物屋さんです。
無知だったなぁ、堺(大阪)が打刃物が有名な場所だったなんて。
他にも鍛冶屋さんが出店していました。
鍛冶屋さんなんて言葉、今の若者は知らないかもなぁ。

ふるさと祭り東京~包丁①~    ふるさと祭り東京~包丁②~


まぁ~、結構なお値段です!でも、鋼を叩いて作った刃物は
ステンレスとは全然違いますね。
ずっしり重いのかと思いきや、意外と軽いのには驚きました。


ふるさと祭り東京~包丁③~  ふるさと祭り東京~包丁④~

この打刃物は匠の技により作られています。
熱せられた鋼を叩きながら、’みね’から’刃先’の厚さを変えています。
刃先がは薄ければ薄いほど良い事は分るけど、下手に叩くと割れてしまう事も
あるようです。
’しのぎ’の部分は微妙な凹凸があり、切った野菜が離れやすくしているんだって!
(包丁の名称はコチラのサイトを参考にしました)


職人の技術の向上は”ネギ”と関係があります。
ネギを切った時、ネギが割れないような包丁を匠は目指しています。

ふるさと祭り東京~包丁⑤~

職人さんからの注文が多いのかなぁ、と思って聞いてみると
一般の主婦の方も結構購入していくようです。
と言うのも’もち’がいいからです。

私に説明してくれた人は、『60年は持つよ!』と自信を持って言っていました。
もちろん、刃は研がなければなりませんけどね。


伝統工芸品についてのレクチャーを聞くのも楽しいものです。

ふるさと祭り東京~伝統工芸品~

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
 | BLOG TOP |  NEXT»»

【美トリ】

お気に入りブログ

ランキング参加しています

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

RSSリンクの表示

アクセスランキング

楽天売れ筋商品!

ツイッター

最新記事

カテゴリー

未分類 (3)
モニタープロジェクト (44)
雑記 (23)
体験イベント (3)
読書記録 (1)
モニター応募 (29)
モニター当選 (15)
モニプラ グルメ (10)
ヒットの予感 (4)
ネット情報 (2)
グルメ (40)
グルーポン (3)
気になる商品 (7)
ふるさと祭り東京 (6)
温効生姜 (2)
読書感想 (1)
大人の社会見学 (1)
映画・芝居 (2)
オススメ商品 (1)
一番食品 (3)
健康コーポレーション (5)
箱庭 新橋店 (1)
福縁 fu-yuan (1)
トマト生活(サプリメント) (1)
赤坂BY-THE-SEA (1)
ホッキチャウダー(豊富名物) (1)
辛うまスープ (1)
L-カルニチン (1)
スラップチョップ(SlapChop) (1)
グリシン(GLYCINE) (1)
ほぐし肉カレー 五島軒 (1)
工房レティエ (1)
グルメ カレー (1)
使ってみました (1)
スーパーホテル烏丸 (1)
はし上手 (1)
mofua 着る毛布 (1)
渋谷 みろく (1)
ランキング (1)
萬重 ポルタ店 (1)
スニーカー 洗濯 (1)
pepe 佐久市 (1)
るろう酒場 (1)
四川 川龍 (1)
鳥忠 臼田店 (1)
中込 天 (1)
中込 魚魚や (1)
季節料理 升 (1)
和み家 ふじき (1)
新宿 KARACHI (1)
電動シューズブラシ (1)
梵 BONE (1)
薬膳居酒屋 (1)
天ぷら杜月 (1)
いちりきや (1)
メンズ・カーヴィー (1)
掃除グッズ (1)
保湿グッズ (1)
ぎゅーぎゅーポンド (1)
かねや (大洲市長浜) (2)
おおたき(大洲市長浜) (1)
どんぶり館 びっくり丼 (1)
あさもや 四季の窓 (1)
さのや(大洲市長浜) (1)

最新コメント

最新トラックバック

ライター

ediblogger

Author:ediblogger
ブログライフをサポートする
エディタのブロガーです。

結婚式余興コンシェル
出会い系体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。