スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

好きな、「お魚料理」

年齢を重ねると食の好みが変わりますよね。
子どもの頃は苦手だった食べ物がいつの間にか好物になることだってあります。

よく、肉食だったのに魚や野菜が好きになった、という人がいますが、
私は学生の頃から一番の好物は「鮭」でした。
一日3食鮭でもいいくらいにね。

今回の、モニプラのお題は
好きな、「お魚料理」です。

⇒ 築地魚がし日本一特製!銀だら西京漬け試食モニター募集!! ←参加中


同じ魚でも調理法によっては全く味が変わってしまいますね。
私はマグロのお寿司はあまり好きではないんだけど、マグロのフライは大好きです。
生から揚げ物・焼き物とッ魚っていろんな食べ方があるものです。


どちらかと言うと生魚よりも焼き魚や煮魚が好きだったんですが、
わずか半年ですが漁師の世界に飛び込んで、「本当に美味しい魚の食べかたは刺身」
だと思いました。

それも熱々の丼ご飯に刺身を並べて醤油+ワサビ(or七味唐辛子)をかけてかっ込む。
これほど美味しいものはありません。

中には鮮度の問題で市場に出せない魚と言うのもあるんです。
私が短い漁師生活で絶品だと思ったのが”ウルメイワシ”の刺身でした。
市場には出せず、漁師とその家族だけが食べる事ができた”ウルメイワシ”、
あの味が懐かしいなぁ。

と言うわけで鮮度がよいのなら刺身が一番!

魚料理というのなら「豆アジの南蛮漬け」が大好きです。
頭から尻尾、骨まで食べられる「豆アジの南蛮漬け」は子どもからお酒のつまみまで
誰もが美味しく食べることが出来る料理です。
食欲がない時でも、疲労回復にもよい万能な料理ではないでしょうか?

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

【美トリ】

お気に入りブログ

ランキング参加しています

エディタコミュニティ

edita.jp【エディタ】

RSSリンクの表示

アクセスランキング

楽天売れ筋商品!

ツイッター

最新記事

カテゴリー

未分類 (3)
モニタープロジェクト (44)
雑記 (23)
体験イベント (3)
読書記録 (1)
モニター応募 (29)
モニター当選 (15)
モニプラ グルメ (10)
ヒットの予感 (4)
ネット情報 (2)
グルメ (40)
グルーポン (3)
気になる商品 (7)
ふるさと祭り東京 (6)
温効生姜 (2)
読書感想 (1)
大人の社会見学 (1)
映画・芝居 (2)
オススメ商品 (1)
一番食品 (3)
健康コーポレーション (5)
箱庭 新橋店 (1)
福縁 fu-yuan (1)
トマト生活(サプリメント) (1)
赤坂BY-THE-SEA (1)
ホッキチャウダー(豊富名物) (1)
辛うまスープ (1)
L-カルニチン (1)
スラップチョップ(SlapChop) (1)
グリシン(GLYCINE) (1)
ほぐし肉カレー 五島軒 (1)
工房レティエ (1)
グルメ カレー (1)
使ってみました (1)
スーパーホテル烏丸 (1)
はし上手 (1)
mofua 着る毛布 (1)
渋谷 みろく (1)
ランキング (1)
萬重 ポルタ店 (1)
スニーカー 洗濯 (1)
pepe 佐久市 (1)
るろう酒場 (1)
四川 川龍 (1)
鳥忠 臼田店 (1)
中込 天 (1)
中込 魚魚や (1)
季節料理 升 (1)
和み家 ふじき (1)
新宿 KARACHI (1)
電動シューズブラシ (1)
梵 BONE (1)
薬膳居酒屋 (1)
天ぷら杜月 (1)
いちりきや (1)
メンズ・カーヴィー (1)
掃除グッズ (1)
保湿グッズ (1)
ぎゅーぎゅーポンド (1)
かねや (大洲市長浜) (2)
おおたき(大洲市長浜) (1)
どんぶり館 びっくり丼 (1)
あさもや 四季の窓 (1)
さのや(大洲市長浜) (1)

最新コメント

最新トラックバック

ライター

ediblogger

Author:ediblogger
ブログライフをサポートする
エディタのブロガーです。

結婚式余興コンシェル
出会い系体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。